福島県西白河郡西郷村の歯医者 歯科 インプラント 矯正歯科 小児歯科 ホワイトニング

西白河郡の歯医者 内藤歯科医院 内藤歯科医院 トップページメール相談室

絶対に手を抜かない。妥協しない。患者様の歯を守るために、当たり前の治療をしています

医院案内

クリニック紹介 白河インプラントセンター 予防歯科 保険治療と自費治療 診療メニュー 症例紹介 治療費 スタッフ紹介

メール相談室


医院案内

所在地
〒961-8091
福島県西白河郡西郷村
大字熊倉字折口原153-5

電話番号
0248-25-0331

診療日時
月曜日〜金曜日
9:00〜12:30/14:00〜18:00
土曜日
9:00〜13:00

休診日
日曜日・祝祭日

保険治療と自費治療の違い

かぶせ物・詰め物の違い

自費のセラミックスと保険のプラスチックでは、その材料の持ち・美しさなどが異なります。自費の金属は、高カラット白金加金製のため高精度で適合性が高いですが、保険で使用している金属は水銀・亜鉛・錫・パラジウム・金などのさまざまな金属を混ぜ合わせたものを使用しています。これらの金属の一部は錆びて体の中に溶け出し吸収され続けています。金属アレルギー・原因不明のアトピーの原因になっていることがあります。

型取りの材料の違い

通常保険診療で使用する材料は寒天とアルギン酸といわれるものですが、当院では自由診療においてすべてシリコン系の材料を使います。保険の型取りでは簡単にちぎれたり変形してしまうため、本当にいいかぶせ物や詰め物ができるはずがありません。シリコンはそういうことがないので、かぶせ物・詰め物の精度がまったく異なります。

セメントの違い

保険診療で使用しているセメント(接着剤)は、一般的なものでたとえるならば『ボンド』レベル。自費診療では『アロンアルファー』レベル以上の強さで接着させるため、かなり接着力に差があります。また詰め物に隙間があいていると、保険診療のセメントは繰り返しの噛む力で破壊され唾液によって 溶かされてしまいます。詰め物が外れて歯科医院にいったら、「むし歯になっている」と言われ、また歯を削った経験はありませんか?自費診療のセメントであれば、力や水分に強いので過酷な環境でも長期に維持できるのです。

技工士の違い

技工士さん(かぶせ物・詰め物・入れ歯等をつくる方)は、保険のかぶせ物なら一日に何十個も作らなければ、採算的に成り立たないのだそうです。保険の技工物と、自費の技工物ではもちろん違いが出てきます。優秀な技工士さんであればあるほど上手ですし、作っていただく費用も高くなります。我々歯科医師が、患者さんにより時間をかけ、より丁寧に治療に取り組むことができるのと同じです。

歯科医師もそうですが、技工士さんもその人の持って生まれたもの・努力の違いにより、腕前はピンキリです。自分の口の中に入る物も、保険を選ぶのと、自費のものを選ぶのでは、材料はもちろんですが、当然作るためにかけれる手間ヒマが違ってきます。

普通は見えない裏方のことですが、当医院でも専門の技工士さんが働いてくれています。医院の中ですぐに技工物の加工ができる体制を取っています。また、精密な自費の技工物の場合は、信頼できる技術力の高い技工所にお願いしております。